1. ホーム(Home) > 
  2. 製品情報 > 
  3. acuagraphy

Products

ブロードバンド時代に適した国内シェアNo.1電子透かしツール

acuagraphy

近年のデジタルカメラや画像/音楽のオンライン配信サービスの普及に伴い、我々の身の回りには様々なデジタルコンテンツデータが多数存在しています。 これらのデジタルコンテンツデータは、加工や複製が簡単という特長がある為、便利である反面、著作権保護やセキュリティ面での新たな問題が浮上しています。 このような背景から、最近著作権保護を目的とした電子透かし技術が注目を浴びるようになりました。 電子透かし技術とは、任意の情報をコンテンツデータ自体と一体にして埋め込むことが可能な技術です。
「acuagraphy(アクアグラフィ)」の電子透かし技術は、オリジナルの品質を保ったまま、任意の情報を簡単に埋め込むことができます。 静止画から動画、音声データまで、幅広い製品構成でお客様のご要望にお応えすることができます。
また、デジタルデータだけではなく、アナログ化されたデータ(印刷物、放送など)の研究開発の実績をもつ電子透かしツールです。

acuagraphyの特徴

国内シェアNO.1の実績と経験からの高度なサービス

1995年にサービスを開始して以来、静止画コンテンツにおいては既に数千万コンテンツに埋め込まれており、シェアNo.1の実績と最高の技術でサポート可能です。

多彩なデータに対応

さまざまなコンテンツデータに電子透かし処理を行えます。

  • 静止画ファイル形式(BMP/JPEG/GIF/…)
  • 音声ファイル形式
  • 動画ファイル形式

静止画への電子透かし-picturemark-

多くの実績と豊富な経験を持つ「acuagraphy」は、次のような優位性をもっています。

  • 電子透かし埋め込み後の劣化が非常に少ない
  • 非常に強力な透かし耐性を持つ(改ざん耐性)
  • 電子透かし埋め込み作業、検出作業が容易である静止画用ツールは
     「acuagraphy【picturemark GUI版】」もご用意しています。

下の画像は、元画像と実際に電子透かしが埋め込まれた画像の比較です。 ほとんど画質が劣化していないことが確認できます。(画像をクリックすると拡大画像が表示されます。)

静止画への電子透かし 拡大表示 拡大表示 拡大表示 元画像(電子透かしなし) 元画像 強度-中 元画像 強度-高

画像改ざん検知

画像データにチェックコードを透かし情報として埋め込んでおけば、仮にその画像データが改ざんされた場合でも、元画像のチェックコードと改ざんされた画像のチェックコードの整合性を確認することにより、改ざんの有無及び改ざん箇所の特定が可能です。

  • ※ハッシュ値を利用した一般的な改ざん検知では、改ざん箇所の特定までは出来ません。

IMPress(画像Encoder)との一体化により、組込みCPUでも高速動作を実現!

IMPress(画像Encoder)との一体化により、組込みCPUでも高速動作を実現!

改ざん検地透かしデコード時間(参考値)

改ざん検地透かしデコード時間(参考値)

動作確認環境

OS: 組込みLinux、VxWorks、μ iTRON、他 組込みOS
CPU: PowerPC、ARM、Xscale、MIPS、SH 他 各種CPUに対応可能
製品情報
アプリケーション/サービス
ミドルウェア
Codec規格適合性検証ツール
SoC向けVideo Codec HW IP
コンテンツ自動検査・品質評価ツール
ソフトウェアエンコーダ
組込みOS
開発環境
プラットフォーム
↑このページのトップ