1. ホーム(Home) > 
  2. 製品情報 > 
  3. IMPress(静止画Codec)

Products

JPEG2000/JBIG対応

IMPress Ver.3.0

100を超えるお客様にご利用戴いている、画像圧縮伸張コーデックの組込み向けミドルウエア「IMPress」がVersion3に進化しました。
ソフトウエアコーデックとして必須の高速性と、組込みシステム向けに実用性の高いコンパクト設計です。
業界標準規格対応(JPEG/JBIG/BMP/LZH、次世代JPEG2000)は勿論の事、OS,CPUを問わないポータビリティと、省リソースを意識したストレッチデコード機能等、アプリケーション開発に威力を発揮する多様な補助機能をご提供します。

対応フォーマット

  • JPEG(カラーFAX対応)
  • ロスレスJPEG
  • MH/MR/MMR(FAX対応)
  • JBIG(T.85)(FAX対応)
  • JPEG2000(Part1 Profile-0対応)
  • LZH
  • ZIP
  • PNG
  • BMP(RLE対応)
  • *今後も続々と対応の予定です。
  • *その他フォーマットにつきましては、お問い合わせください。

その他の補助機能

  • データ・ストリーミング機能
  • RGB、YUV、インデックス、Monoダイレクトカラーコンバージョン(最適化、高速Version)
  • ダイレクトスケーリング&クリッピング
  • 補間あり/なし選択の拡大縮小エンジン
  • 回転
  • JPEG2000レベル検出機能
  • MH/MR EOL指定機能
  • *カスタマイズ、対応フォーマット等はご相談ください。
ミドルウェアの利点

アプリケーション応用例

  • FAX、マルチファンクションプリンタ
    • JBIG、MH/MR/MMRを使えば、ファックス伝送フォーマットに対応可能。
  • 電子文書管理システム
    • JPEG、JBIGを用いて、高速高圧縮データ保存閲覧が可能。
  • PDA、画像表示システム
    • BMP、PNGなど、各種汎用フォーマットに対応。
  • ネットワーク画像伝送システム
    • JPEG/JPEG2000で圧縮転送することで、ネットワーク負荷を軽減。
  • 医療機器
組込み応用例

特長

  • 32bitCPU向けに最適化されたコンパクトかつ高速、省ワークメモリのライブラリ
  • ターゲットに簡単に組み込める入出力インターフェース(ダイレクトスケーリング&クリッピング機能)
  • 任意カラーへのダイレクトエンコード、デコード(例えばJPEGを256色インデックスにてデコード可能)
  • 独自のデータストリーム転送機構を用意(JPEG2000を除く)
  • メモリtoメモリの柔軟なデータI/Oインタフェース(ネットワーク、ファイル等へダイレクトに転送可能)
  • 処理コア部はファイルI/O、メモリAllocを極力排除。OSレスでも動作させることが可能
  • 豊富な対応フォーマット
  • マルチ・プラットフォーム対応(OS、CPU)での互換性
  • JPEGはExif(2.2)、カラーFax、サムネイルデコード対応

動作環境

CPU: SH、PowerPC、MIPS、ARM、Sparc、Intel、TI
(詳細は別途お問合せください)
OS: VxWorks、iTRON、Linux、Windows/WindowsCE
(詳細は別途お問合せください)

データ・ストリーミング機能:その1

データ・ストリーミング機能:その1

データ・ストリーミング機能:その2

データ・ストリーミング機能:その2

製品構成

品名 対応フォーマット
IMPress Color JPEG、ロスレスJPEG Encoder、Decoder
IMPress Fax JBIG、MH/MR/MMR Encoder、Decoder
IMPress JPEG2000 JPEG2000 Encoder、Decoder
IMPress ALL IMPress Color、Fax
IMPress DICOM JPEG (8, 12bit)、ロスレスJPEG (2〜16bit)、
JPEG2000 (1〜16bit)、RLE (ランレングス圧縮)

付加サービス

  • ターゲットでの動作検証
  • 保守サービス
  • カスタマイズ対応
    • インターフェース等お客様の仕様に準じたカスタマイズ可能
    • 対応フォーマットのカスタム対応も可能
  • その他画像、音声処理のソフトウェア開発を受託します。

ダウンロード

JPEG2000, JBIG等各種画像フォーマットに対応した高速ビューワーソフト。
組込みミドルウェアIMPressをWindowsでご評価ください。

  1. 「ImpWinV3-20110621.zip」は圧縮されております。
    全てのファイルを任意のディレクトリに解凍してください。
  2. 解凍したフォルダ内の「INSTALL.EXE」を実行してください。
    または、解凍したフォルダを任意のフォルダにコピーしてください。
  3. アンインストールするには、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」から
    「ImpWinV3」を選択し、アンインストールしてください。

Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

製品情報
アプリケーション/サービス
ミドルウェア
Codec規格適合性検証ツール
SoC向けVideo Codec HW IP
コンテンツ自動検査・品質評価ツール
ソフトウェアエンコーダ
組込みOS
開発環境
プラットフォーム
↑このページのトップ