1. ホーム(Home) > 
  2. 製品情報 > 
  3. 医療画像ミドルウェアIMPress DICOM

Products

 

IMPress DICOM

IMPress製品に医療(DICOM)向けラインナップが追加されました。
JPEG, JPEG-lossless, JPEG2000の多ビット(1bit〜16bit)データに対応しました。

IMPress DICOM
「IMPress DICOM」は、世界標準であるDICOM医療画像フォーマットに対応したライブラリ製品です。
医療用途向けに必要とされる、多ビット精度と安全性を兼ね備えたライブラリとなっています。 また、簡素なインターフェイスを持ち合わせていますので、お客様は必要な機能を簡単かつ短期間で組み込むことが可能になります。 ハイエンドサーバからPDA等の組み込み機器まで、幅広い機器への応用が可能です。


ミドルウェアの利点

  • LSIでの圧縮伸張処理をミドルウェアで置き換えることにより、大幅コストダウン!!
  • ソフトウェアの開発期間が大幅短縮することにより、市場への迅速な製品投入が可能!!!
  • マルチプラットフォーム対応により、CPU変更にも迅速に対応可能!!
ミドルウェアの利点

特長

  • 32bitCPU向けに最適化されたコンパクトかつ高速、省ワークメモリのライブラリ
  • ターゲットに簡単に組み込める入出力インターフェース(ダイレクトスケーリング&クリッピング機能)
  • 任意カラーへのダイレクトエンコード、デコード(例えばJPEGを256色インデックスにてデコード可能)
  • 独自のデータストリーム転送機構を用意(JPEG2000を除く)
  • メモリtoメモリの柔軟なデータI/Oインタフェース(ネットワーク、ファイル等へダイレクトに転送可能)
  • 処理コア部はファイルI/O、メモリAllocを極力排除。OSレスでも動作させることが可能
  • 豊富な対応フォーマット
  • マルチ・プラットフォーム対応(OS、CPU)での互換性
  • JPEGはExif(2.2)、カラーFax、サムネイルデコード対応
  • 医療用精度(1〜16bit)をサポート

動作環境

CPU: SH、PowerPC、MIPS、ARM、Sparc、Intel、TI
(詳細は別途お問合せください)
OS: VxWorks、iTRON、Linux、Windows/WindowsCE
(詳細は別途お問合せください)

対応フォーマット

DICOMフォーマット: JPEG (8, 12bit)、ロスレスJPEG (2〜16bit)、JPEG2000 (1〜16bit)、RLE (ランレングス圧縮)

データ・ストリーミング機能:その1

データ・ストリーミング機能:その1

データ・ストリーミング機能:その2

データ・ストリーミング機能:その2

付加サービス

  • ターゲットでの動作検証・保守サービス
  • カスタマイズ対応
    • インターフェース等お客様の仕様に準じたカスタマイズ可能対応
    • フォーマットのカスタム対応も可能
  • その他画像・音声処理のソフトウェア開発を受託します。

ダウンロード

DICOMフォーマットに対応した高速ビューワーソフト。
ミドルウェアIMPress DICOMをWindowsでご評価ください。

  1. 各ファイルは圧縮されております。任意のフォルダに解凍してください。
  2. 解凍したフォルダを任意のフォルダにコピーしてください。

Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

製品情報
アプリケーション/サービス
ミドルウェア
Codec規格適合性検証ツール
SoC向けVideo Codec HW IP
コンテンツ自動検査・品質評価ツール
ソフトウェアエンコーダ
組込みOS
開発環境
プラットフォーム
↑このページのトップ