1. ホーム(Home) > 
  2. 製品情報 > 
  3. モルフォ製品情報 > 
  4. FaceSolid / TrackSolid / PhotoScouter

Products

顔検出技術 / 被写体自動追尾技術 / シーン自動認識技術

FaceSolid® / TrackSolid® / PhotoScouter®

FaceSolid®

製品概要

高度な画像処理技術によって、デジタル画像から人物の顔を自動的に検出し、追尾する技術で、同時にオートフォーカス機能と連動することにより、撮りたい被写体に確実にピントを合わせた撮影を可能にしています。また、顔が逆光で暗くなってしまっている場合は、全体を自動的に補正し、見やすく美しい画像に仕上げることができます。

  • 顔の傾きに強い検出機能
      360°左右回転方向に対応(顔の拡大・縮小、水平回転/左右回転方向の動きに対応)
  • 自動追尾機能
      対象物をリアルタイムで自動追尾
  • 逆光補正(夜景補正)機能
      白飛び・黒抜けした領域を推定し明暗調節

上記の機能を組み合わせることにより、シャッターチャンスを逃すことなく、キレイな写真を撮ることができます

図:FaceSolid

「FaceSolid® ve.r2.0」 笑顔検出対応

目などの位置情報から笑顔のレベルを数値的に計り、笑顔を判定する機能を加えました。これにより、自然な笑顔の撮影が容易になります。

TrackSolid®

製品概要

「TrackSolid®」はユーザーが指定した被写体を追尾することができる技術です。指定された被写体の特徴を捉えることにより、さまざまな被写体を追尾することが可能です。

図:MovieSolid

「TrackSolid®」の特徴

  • 被写体の角度が変化した場合でも追尾可能。
  • カメラのフレーム内から外れて戻ってきた場合でも追尾可能。
  • 処理量が少なく、CPUへの負荷が軽い。

「TrackSolid®」とオートフォーカス機能を組み合わせることも可能で、子供やペットのように動く被写体を撮影する際に被写体にピントを合わせることができます。

PhotoScouter®

「PhotoScouter® Ver.2.0」はカメラフレーム内を構成している複数の要素を認識することが可能で、風景を撮影する場合、空、山、緑、花などと構成要素別に分類します。認識できる要素には、ほかに人物や海、夜景、夕焼けなどの風景、文字、食べ物などがあります。また、高速で、且つ、処理量が少ないので、画像を瞬時に認識することが可能です。
「PhotoScouter® Ver.2.0」は最適な撮影モードに切り替える機能などと合わせて活用することで、撮影シーンに合わせて自動的に絞りやシャッタースピードなどの露出やホワイトバランスを設定することが可能になります。ユーザーは容易に被写体やシーンに合った最適な画像を撮影することができるので、カメラ内蔵携帯電話でもデジタルコンパクトカメラ相当の美しい画像に仕上がります。

図:PhotoScouter
図:PhotoScouter


「PhotoScouter® Ver1.0」はバーコード(QRコード、JANコード)と名刺を高速に検出する技術です。
この技術を利用すると、カメラ撮影モードからバーコードリーダー、もしくは名刺リーダー機能へダイレクトに切り替えることが可能になります。 従来のようにQRコードや名刺を読み取る機能を呼び出してから撮影をする手間を省くことができます。

モルフォ製品情報
Shoot
Show
Search
Application
  • Morpho Self Camera(自分撮り)
  • Morpho Photo Apps(カメラ系アプリ・パッケージ)
  • Morpho Multi Effects(簡単エフェクト加工)
  • Morpho QuickPanorama(パノラマ画像合成)
Server
↑このページのトップ