1. ホーム(Home) > 
  2. 製品情報 > 
  3. モルフォ製品情報 > 
  4. PhotoSolid / MovieSolid

Products

静止画手ブレ補正ソフトウェア / 動画手ブレ補正ソフトウェア

PhotoSolid® / MovieSolid®

PhotoSolid®

製品概要

「PhotoSolid®」は、世界初の画像処理による動き検出ソフト「SoftGyro®」を利用した手ブレ補正技術です。これにより、カメラで撮影する際、横ブレ、縦ブレ、前後のブレ、横の回転ブレ、上下方向の回転ブレ、光軸まわりの回転ブレなど6自由度に対応した手ブレ補正を行ない、激しい動きや接写、望遠、夜景といったシーンでも高精度な補正を実現し、はっきり、くっきりとした美しい画像に仕上げます。従来、補正が困難とされてきた撮影条件下でも、高精度な補正を実現することで、誰でも簡単に写真撮影ができるようになり、「写真を撮る」楽しさが倍増します。

図:PhotoSolid

手ブレ補正技術の秘密

従来の手ブレ補正技術は、内蔵するジャイロセンサが手ブレを感知し、補正用レンズ自体を動かすことで、光のずれを修正していました。この場合、補正用のレンズを組み込まなければならないため、コンパクト化が難しく、コストもかかり、しかも回転系のブレに対して弱いという問題がありました。この「PhotoSolid®」は、独自に開発した世界初の画像処理による動き検出ソフト「SoftGyro®」を使い、室内や夜間の撮影時に超高速シャッタースピードで連続撮影した写真を、座標の微量な移動量から手ブレ量を検出して合成することで、シャープかつ鮮明な画像に最終出力します。
このように「PhotoSolid®」は、画像処理的に補正を行うため、補正用のレンズなどスペースをとる機械的な機構を必要とせず、組込み用プラットフォームにソフトウェアとして実装できるので、携帯電話などの手ブレ補正ソリューションに最適です。

図:手ブレ補正技術



  • 従来技術:2自由度(2軸)
      @+A
  • モルフォ技術:6自由度(6軸)
      @+A+B+C+D+E

MovieSolid®

製品概要

当社オリジナルの動き検出ソフトウェア「SOFTGYRO®」を利用した動画の手ブレ補正技術です。「前フレーム」と「現フレーム」から手ブレ量を検出し、それを補正して現フレームを切出しリアルタイムに出力します。横軸、縦軸の回転ブレに、前後(ズーム)方向とその回転ブレを加えた4自由度(4軸)対応の手ブレ補正を可能にすることで、ズームアップ時の手ブレにも対応しています。

図:MovieSolid
図:手ブレ補正技術



  • 従来技術:2自由度(2軸)
      @+A
  • モルフォ技術:4自由度(4軸)
      @+A+B+C
モルフォ製品情報
Shoot
Show
Search
Application
  • Morpho Self Camera(自分撮り)
  • Morpho Photo Apps(カメラ系アプリ・パッケージ)
  • Morpho Multi Effects(簡単エフェクト加工)
  • Morpho QuickPanorama(パノラマ画像合成)
Server
↑このページのトップ