1. ホーム(Home) > 
  2. 製品情報 > 
  3. SyncNow-2nd スクリーン

Products

「音声電子透かし」によるコンテンツとスマホ/タブレットとの連携ソリューション

SyncNow-2nd スクリーン

SyncNowは、手元のスマホ/タブレットに「音を聞かせる」だけで、瞬時に自動でコンテンツとスマートデバイスを同期させることができるソリューションです。 従来のメインスクリーンでは伝えきれなかった情報を視聴者/来場客に直接届けることによって新しいユーザーエクスペリエンスをもたらし、新たなサービス展開やマネタイズの道が創造されることが期待できます。

仕組み - 概略 -

図:仕組み 概略

Kantar Mediaの音声電子透かし技術の優位性

  • 可聴範囲の周波数に分散して(人間の耳に聞こえない形で)透かし情報(コンテンツID&タイムコード)を挿入
    • 資産価値の高いコンテンツの保護を目的に開発された技術のため、ハリウッドも認める高い認識率と堅牢性を兼ね備え、かつコンテンツの品質に影響を与えない技術力の高さに定評があります。
  • iOS & Android用SDKで簡単にアプリを開発可能
    • 既存のアプリにも音声透かし検出機能を簡単に組み込むことができます。

SyncNowの特長

  • 自動的に、素早く、確実に認識
  • 強い耐性(ノイズに強い、特定の周波数を使用していない)
  • 正確なリアルタイム同期が可能
  • 放送形態に依存しない(地上波、 IPTV、衛星、ケーブル、ラジオ …)
  • 高い拡張性(データーベースが不要)
  • オフラインモードで運用可能(インターネット接続を使用せずに利用可能)
  • ライブコンテンツでも収録番組でも対応可能
図:特長

アプリケーション例

広告 クーポン、スペシャル、新製品情報、ニュース、コンテンツ連動広告など
リアリティショー 人気投票、アンケート、チャット/ソーシャルメディア、オンラインショッピングへの誘導、特別情報、ツアー情報など
スポーツ 人気投票、オンラインくじ、別アングルのカメラ映像、選手/チームの統計情報、スケジュールなど
映画 バリアフリー字幕、サイドストーリーの展開、関連グッズのショッピングなど
図:アプリケーション例

音声電子透かしとは?

音声電子透かしとは、オーディオコンテンツ(ファイルまたはサウンドトラック)に組み込まれるデジタル情報です。この情報がコンテンツの不変の識別情報となって、後からデバイス上でこの情報を取り出すことで、コンテンツの認識、保護、同期、マネタイズに使用することが可能です。確実に素早く取り出すことができ、かつオリジナルの品質を損ねないように透かしを挿入するところに各メーカーの技術力が問われます。

メーカー製品ページ

ダウンロード

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

製品情報
アプリケーション/サービス
ミドルウェア
Codec規格適合性検証ツール
SoC向けVideo Codec HW IP
コンテンツ自動検査・品質評価ツール
ソフトウェアエンコーダ
組込みOS
開発環境
プラットフォーム
↑このページのトップ