1. ホーム(Home) > 
  2. 製品情報 > 
  3. Virtualization

Products

 

Virtualization(仮想化)

エンベデッドシステムでの新たな潮流として、仮想化技術は欠かせません。
特に、次世代のシングルコア/ マルチコアデバイスでシステムを構築する企業にとっては、新たな可能性をもたらします。
Virtualization Profile を活用して、複数のボードやCPU を単一のものに差し替えることにより、システムの統合が実現できる上、複数のオペレーティングシステム(リアルタイムOS と汎用OS など)を協調的に運用する事で、革新的なデバイス機能を提供したり、拡張性と信頼性を高めながらマルチコアプロセッサを採用することができます。
既に、弊社から複数のカスタマーへ導入をしており、システム統合化の切り札として高い評価を得ております。

特徴と利点

Virtualization Profileを使えば、単一のプロセッサコアで複数の異なる仮想ボードを実行したり(コア仮想化、例えばLinuxとVxWorksを同一コアで実行)、プロセッサコアごとに1つずつ仮想ボードを実行すること(supervised AMP例えばLinuxをコアA、VxWorksをコアBで協調実行)ができます。どちらの場合も、メモリとデバイスアクセスの仮想化と保護を実現します。
つまり、既存のシステムをシングルコアまたはマルチコアのシステムに統合できるため、原価(必要なハードウェアの減少)と経費(電力消費や現場での予備品の減少)の両方が削減できます。

プロセッサ シングルコアおよびマルチコアプロセッサをサポート
オペレーティング
システム
VxWorks およびWind River Linux と統合し最適なパフォーマンスを実現。他のOS や実行形式プログラムもサポート
仮想ボード
インタフェース
OS の容易な移植や、OSを必要としない最小限のアプリケーション開発用に、ハードウェアライクなインタフェースを提供
保護 デバイスを仮想ボードに割り当て可能で、仮想ボード間でデバイスとメモリを保護。1 つの仮想ボードでアプリケーションやOS に障害が発生しても、他のOS やアプリケーションへの影響は皆無
コンフィギュレーション 使いやすいXML ベースのシステムコンフィギュレーションを使用。コンフィギュレーションの変更に際し、ゲストOS やゲストアプリケーションの再ビルドは不要
ビルド Wind River Workbench からマルチOSシステム全体をビルドするためのシステムプロジェクトを提供
デバッグ 単一の物理的なイーサネット接続を介して複数の仮想ボードをデバッグできる機能を含め、VxWorks およびLinux アプリケーションのエージェントベースのデバッギングを搭載
コアスケジューリング 優先順位をベースにしたスケジューラを提供
パーティションスケジューラなど、その他のスケジューラをサポート可能
通信 コアや仮想ボード間の通信用メッセージ受渡しプロトコルを提供
OS 間の高速なゼロコピー通信手段として、ソケットライクなAPIと共有メモリを使用
デバイスアクセス 仮想ボードからデバイスへの直接アクセスを提供、それによりオーバーヘッドを最小化。また、デバイス(たとえばシリアルやイーサネット)を共有でき、単一のデバイスを1つ以上の仮想ボードで使用可能
仮想ボード管理 ゲストOS の始動、停止、リロード/再始動を実行可能

Virtualization Profile デモ

ゲスト OS VxWorks:倒立振子
Linux:グラフィック

実際の振り子と、グラフィックは、Wind River MIPC にて同期させています。

  • リアルタイム OS である VxWorks で、倒立振子 をフィードバック制御
  • MIPC(OS 間の通信手段)を用いて、VxWorks から送信されたデータを元に Linux で状況を描画(Windows も使用可能)
  • それぞれの OS は相互に依存せず動作しており、それぞれを別々にリセット可能
製品情報
アプリケーション/サービス
ミドルウェア
Codec規格適合性検証ツール
SoC向けVideo Codec HW IP
コンテンツ自動検査・品質評価ツール
ソフトウェアエンコーダ
組込みOS
開発環境
プラットフォーム
↑このページのトップ