1. ホーム(Home) > 
  2. 製品情報 > 
  3. GPP VE

Products

 

Wind River General Purpose Platform
VxWorks Edition

Wind River General Purpose Platform(以下、GPP)は、開発者の皆様にデバイスソフトウェア開発の最適化(DSO)というソリューションをご提供いたします。 GPPは、航空宇宙・防衛から、ネットワーク機器、デジタルコンシューマ機器、インダストリアル機器、ロボット、精密医療機器、オートモーティブ機器まで、あらゆる機器の開発における基礎となるプラットフォームです。 GPPでは、VxWorks Edition とLinux Editionがあり、開発プロセスを最適化するためのEclipseベースのデバイスソフトウェア開発スィートWorkbenchが対応されています。

さらに、20年以上にわたるデバイスソフトウェア業界での経験、ワールドワイドでのテクニカルサポート体制、高品質なプロフェッショナルサービスなども、ウインドリバーがご提供可能なソリューションのひとつです。

なお、マーケット固有のランタイムコンポーネントが必要な場合には、特定マーケット向けプラットフォームをご活用ください。

Wind River General Purpose Platform VxWorks Edition 構成図

図:Wind River General Purpose Platform VxWorks Edition 構成図

Wind River General Purpose Platformの特徴

リアルタイムOS VxWorks Edition

GPP, VxWorks Editionは、機器開発に必要な高い拡張性とリアルタイム性能、最先端のメモリープロテクションやエラーマネージメント、POSIX対応、さらに、ネットワークスタックを含む理想的なプラットフォームです。 旧バージョンとの互換性も確保し、すでに開発済みの資産を有効に活用することが可能です。

Wind River Workbench

Wind River WorkbenchはEclipseフレームワークを採用したデバイスソフトウェア開発スィートで、ハードウェアの立ち上げからアプリケーションソフトウェアの開発まで、開発の全工程を一気通貫でサポートします。 またひとつの開発スィートを共有することにより、プロジェクトを超えて企業単位でのソフトウェア開発の標準化を可能にします。

Workbenchは拡張性が高く、ネットワーク機器開発者が関わる様々なプロジェクトのニーズに応じることが可能です。 また多くのサードパーティーのプラグインをシームレスに統合することもできます。

動作環境

対応ターゲットアーキテクチャ

  • ARM
  • ColdFire
  • Intel Architecture
  • XScale
  • MIPS
  • PowerPC
  • SH

対応ホスト

  • Red Hat Enterprise Workstation 3, 4
  • Solaris 2.8, 2.9
  • SuSE Linux Desktop 9.3, 10.0
  • Windows 2000 Professional, Windows XP
製品情報
アプリケーション/サービス
ミドルウェア
Codec規格適合性検証ツール
SoC向けVideo Codec HW IP
コンテンツ自動検査・品質評価ツール
ソフトウェアエンコーダ
組込みOS
開発環境
プラットフォーム
↑このページのトップ