1. ホーム(Home) > 
  2. 製品情報 > 
  3. Workbench

Products

 

Wind River Workbenchは、オープンな標準Eclipseフレームワークをベースに、開発から、テスト、更に製品市場出荷後の全ライフサイクルに渡ってEnd-To-Endで機器開発、管理をサポートするデバイスソフトウェア開発環境です。 Workbenchにより、デバイスソフトウェア開発環境を標準化し、開発者やプロジェクトチームおよび企業における開発効率を向上させます。

特徴

  • End-to-Endで開発支援
    • ハードウェアの立ち上げからアプリケーションの開発、テスト、また製造や出荷後の製品ライフサイクルまで、End-to-Endで開発支援いたします。
  • 多様な開発に対応
    • 異なる複数のOS、CPU、コア、言語、接続技術に対応した開発が可能です。
  • 拡張性の高いEclipseフレームワークの採用
    • サードパーティや自社開発のツールとのシームレスなインテグレーションによるカスタマイズが可能で、高い拡張性を備えています。
  • 拡張性の高いEclipseフレームワークの採用

Wind River Workbench 開発支援ツール

データフロー解析ツール(StethoScope)

対象システム内の変数、データ構造、メモリロケーションをリアルタイムでモニタリングするツールです。

プロファイル解析ツール(ProfileScope)

コードの実行状況を統計的に分析、動的にプロファイリングするツールです。

メモリ解析ツール(MemScope)

システムにおけるメモリの使用状況をモニタリングし、メモリに関わる問題の改善を効率化するツールです。

コードカバレッジ解析ツール(CoverageScope)

コードテストの段階で、どのコードセグメントが実行されたのかを調べるツールです。

トレース解析ツール(TraceScope)

コード実行時に関数呼び出し単位でトレースをおこなうため、コードの実行過程をリアルタイムに追跡できます。

シミュレーションツール(Wind River VxWorks Simulator)

ウインドリバーのVxWorksアプリケーション向けのシミュレーションツールです。

コンパイラ(Wind River Compiler)

デバイスソフトウェア設計のニーズを満たす高信頼性、高性能なC/C++コンパイラで、モジュールアーキテクチャならびに最適化技法を採用しています。

製品情報
アプリケーション/サービス
ミドルウェア
Codec規格適合性検証ツール
SoC向けVideo Codec HW IP
コンテンツ自動検査・品質評価ツール
ソフトウェアエンコーダ
組込みOS
開発環境
プラットフォーム
↑このページのトップ