解析、テスト、コードナビゲーション用のユーティリティ

ナビゲーションならびに解析ツールは、コールグラフ、ソースの依存関係、プロジェクトの構成、複雑さの指標などの情報を表示してプログラムの理解を深めるのに有効です。

GNATmetricプログラムメトリックジェネレータ

GNATmetricツールはソースコードを解析して、サイズを推定、アプリケーションの構造を理解するために、ソフトウェアで一般的に使用される指標を計算します。 この情報は、ソフトウェア開発フレームワークの要件を満たすのに有益です。たとえば、静的なネストレベルがしきい値以下であるかを確認できます。

AUnit ユニットテストフレームワーク

AUnitはC ++のCppUnitに基づく単体テストフレームワークです。 ネイティブソフトウェアと組込ソフトウェアの両方のテスト駆動開発を容易にします。 GNAT Studioは、フレームワークの使用に必要なテストハーネス、スイート、テストケースのボイラプレートコード(boilerplate code)を生成します。 AUnitの詳細については、チュートリアルを参照してください。

GNATfind、GNATxrefプログラムブラウザ

GNATfindとGNATxrefは、コンパイラが生成した情報を使用して、特定のエンティティに対する宣言と参照を見つけることができます。 GNATfindツールは、指定したエンティティへの定義や参照を検索でき、GNATxrefは相互参照のレポートを生成します。

GNATprepプリプロセッサ

GNATprepユーティリティは、Adaソースコードに前処理機能を提供します。 GNATで使用しますが特別な機能には依存していません。

GNATmemヒープ使用量モニタ

GNATmemユーティリティは、実行中のプログラムの動的割り当てと解放の状態をモニタし、不正な割り当て/解放ならびにメモリリークの原因に関する情報を表示します。

GNATppプリティプリンタ

GNATppツールは、ソースをきれいに印刷できるように再フォーマットするユーティリティです。再フォーマットは、識別子の大文字と小文字の規則、インデントのルール、コメントのレイアウトなどのスイッチで管理されます。

GNAThtmlドキュメントジェネレータ

GNAT Studioは、Adaソースファイルを処理し、注釈付きHTMLファイルを生成するドキュメントジェネレータGNAThtmlを提供します。 このツールは、拡張可能なテンプレートファイルを使用して、レンダリングを制御します。