モデル・ベリファイヤ&コード・ジェネレータ QGen

QGenはモデル・ベリファイヤとコード生成機能を標準装備したモデルベース開発者向けのSimulink®モデルならびにStateflow®に対応、Ada・Cコードを生成します。また、QGenの特色としてコード生成過程を公開しています。そのため、特定のプロセッサ、DSP等のコード生成をお客様独自でチューニング可能です。

特長

モデル・ベリファイヤ

モデルを未コンパイルで、静的解析を行い、ゼロ除算等の従来実行時に解析可能であったエラーを検出、開発時間を大幅短縮します。

生成コードを任意変更可能

生成するコードを変更したりmakefileを作成したりチューニングが可能なモデルコンパイラです。

コード生成

Simulink® 2011b以降のバージョンに対応、Simulinkのバージョンを変更してもQGenは同一コード(C,Ada)を生成可能です。

SPARKproと応用すれば形式手法でコード生成が可能。

機能

モデル・ベリファイヤ 静的解析エラー検出

  • Numeric overflow
  • Division by zero
  • Buffer overflow (array out of bound)
  • Dead execution paths (condition whose decision is always True or False)
  • Boolean assertions which may be evaluated to False (from Simulink assertion blocks)

コード・ジェネレータ

  • Ada,Cコード生成
  • Simulink®モデル120ブロック対応
  • Stateflow® 対応
  • MISRA Simulink準拠
  • Simulink 2011b以降に対応
  • 高可読性・トレーサビリティ

認証取得用クオリフィケーション・キット提供

  • DO-178C / DO-330 (TQL1)
  • ISO-26262:TCL3
  • コードレビュー・テスト時間の削減

生成コード変更等のチューニング対応

  • コード変更、その他生成物をチューニング可能

QGenデモ