JAVA SMBクライアント

jNQ™ SMBクライアントライブラリーは、SMBv2及びSMBv3での通信が要求される際、jCIFSライブラリーの代替となる最初の選択肢です。 jNQ™は、SMBv3.1.1までのすべてのSMBバージョンに完全対応する、唯一のJavaベースのソリューションです。

GPLフリーの商用ネットワークスタックjNQ™を採用することで、お客様は貴重なR&Dの時間とお金を節約し、最新のSMBバージョンを手に入れ、中核となる技術にフォーカスすることが可能になります。

jNQ™アーキテクチャ

jNQ™ は、付属の完全かつ直観的なAPIで使用できます。

jNQ™の機能

  • 関連Microsoft仕様に準拠
  • NetBIOS、WINS、DNSによる名前解決機能
  • セキュリティ:jNQ™が提供する強固なセキュリティシステム:
  • LM、 NTLM、 LMv2、 NTLMv2、 NTLMSSP、 SPNEGO 及び Kerberosでの認証
  • ドメイン(AD)認証
  • SMB暗号化
  • SMB署名
  • Pre-Logon Integrity(事前認証の整合性)
  • ファイル・フォルダ操作:(ファイル・フォルダの)新規作成、オープン、名前変更、情報表示、排他設定
  • ファイル操作:読み込み、書き込み、非同期読み込み、非同期書き込み
  • ネットワーク・ブラウジング対応
  • DFS
  • RPC 対応: SAMR、 LSA、 WINREG、 SRVSVC、 DSSETUP (すべて拡張可。一般的なDCERPCフレームワークの使用でより多くのRPCが開発可能)
  • 透過的フェイルオーバー(永続的、持続的ハンドルのサポート)