組込みデバイス向けSMBファイル共有

YNQ™は、Visuality Systemsの組込み向けSMB実装です。非Windows系組込みシステムにWindowsマシンとの相互接続性をもたせることが可能な、SMBのサーバ・クライアントソリューションです。YNQ™のファイル共有機能により、複数の組込みデバイス間で、共有フォルダをリモートでブラウズできるようになります。また、読み込み、書き込み、編集、コピー、削除といったファイル操作により、相互にファイルをアップデートすることができます。全てのファイル操作で、ファイルをデバイスのローカルディスクやメモリーに移動する必要はありません。

ネイティブでSMBでの通信が可能なWindowsやMacintoshといったPCやサーバは、SMBによる接続性からの恩恵を受けている一方、組込み業界の事情はより複雑です。YNQ™があれば、Linux/Unix、またはVxWorks、ThreadX、IntegrityやQNXといった様々なリアルタイムOS(RTOS)や、iOS、Windows CEなどのオペレーティングシステム上で開発された組込みデバイスでも、Windowsネットワークに接続されると可視化され、ユーザーはSMBでのファイル共有が可能になります。

OS、CPU、コンパイラ問わず、どんな環境でもインテグレーション可能な柔軟性とともに設計されたYNQ™は、MicrosoftのSMB/SMB2/SMB3の仕様に完全準拠し、最新のSMBバージョンに対応しています。1998年の設立当初から、Visuality SystemsはMicrosoftと緊密に連携し、SMBソリューションが常に最新のSMB仕様に追随し、今日の市場要件を満たしていることをお客様に約束しています。

GPLフリーのSMBスタックは、オープンソースのSambaとは対照的に、フットプリントが小さく、また現在の市場環境や要求を満たすよう常にアップデートされています。Visuality Systemsの組込み向けSMBソリューションYNQ™は、商用SMB実装製品市場において、シェア90%以上を誇る最も信頼されたブランドです。YNQ™は、スキャナ、プリンター、家庭用ルータ、モバイルデバイス、X線機械、オートメーションデバイス、車載機器、航空宇宙防衛機器といった、MicrosoftのWindowsネットワーク環境において完全なファイル共有機能を必要とする、様々な組込みデバイスに搭載されています。

コンプライアンスと接続性

YNQ™ は、Microsoft SMB/SMB2/SMB3仕様に完全準拠。NTLM 0.12から3.1.1までのすべてのSMBバージョンに対応済みです。Microsoft、Apple Macintosh、Sambaなど様々なクライアントバージョンからの接続を可能とします。

YNQ™は、お客様システムへのインテグレーションがすぐに可能です。完全商用GPLフリーのYNQ™ネットワークスタックがあれば、お客様は貴重なR&Dの時間とお金を節約し、中核となる技術にフォーカスすることが可能です

YNQ™製品およびコンポーネント

YNQ™アーキテクチャレイヤー

YNQ™は最新のソフトウェア構成をとり、3つのモジュールに分かれています。

Level1とLevel2のコンポーネントはシステム非依存ですが、Level3のコンポーネントは移植・実装の際に変更が可能です。