次世代カーナビゲーション

車載機器はますます高機能化の一途を辿っておりますが、相変らず限られたメモリやCPU環境というコストやパワーの制約があります。 「NetFront HTML版 / BML版」ブラウザは、従来のWebブラウズやデータ放送機能を搭載した製品開発を『高品質且つ短期間に実現』し、ユーザーが求める『Webサービス』や『直感的なインターフェース』を支援する様々な仕組み(リモコン操作、サムネイル、画面サイズ動的変更)を提供します。

NetFront Browserは従来のカーナビゲーション・車載機器向けブラウザから進化し、HTML5、クラウド基盤に対応、エンドユーザー(ドライバー)側の操作性を格段に向上させ、開発者側のR&Dプロセスにおけるタイムロスも最大限に軽減させた、いわば次世代カーナビゲーション・IVIシステム開発ツール&インターフェースとしての評価を獲得しています。

さらにクラウド技術と連携すれば、最新地図・エリア情報のアップデートやユーザーニーズによる機能の追加(例:天気予報、店舗情報等)も容易になり、今までのカーナビゲーション機能では提供できなかったパソコンやスマートフォン並みの情報提供が可能になります。

採用・開発事例

アルパイン株式会社 地上デジタルTVチューナ
TUE-T310
パナソニック株式会社 カーナビゲーションシステム
CN-HX3000D
アルパイン株式会社 OEM向け
カーナビゲーションシステム
パイオニア株式会社 市販向け
カーナビゲーションシステム
DMH-SF700/DMH-SZ700

 

カーナビ向けBMLブラウザ移植
カーナビ向けHTML5ブラウザ移植
カーナビ向けandroidアプリケーション開発
カーナビ向けGUIミドルウェア移植
W-CDMA対応
OS移植
メーラーAPLソフト
通信タスク
VoIP 用ソフトウェア 開発
特定用途専用携帯端末ソフトウェア
IrDAプロトコル移植