AdaCore 統合開発環境

DO-178C(DO-330,DO-331,DO-333),EN 50128,
IEC 61508, ISO26262 認証取得対応
形式手法(Formal Method)開発対応

製品一覧

 

プレス

~MHIエアロスペースシステムズ株式会社がモデルベース開発にAdaCore のQGenを採用~
[日本語] [AdaCore社サイト]

~株式会社デンソーが長崎県立大学との自動車関連の研究プロジェクトでAdaCore社SPARKを採用~
「Freedom from Interference」を実証するためにフォーマルメソッドを適用
[日本語][English][AdaCore社サイト]

~AdaCore社はRISC-V財団に加盟C/Adaコンパイラを提供開始~
「GNAT ProとGNATコミュニティのツールチェーンが業務用とホビイスト用両方で利用可能」
[日本語] [AdaCore社サイト]

~AdaCore社はNVIDIA社と共同でファームウエアのセキュリティを強化~
「Ada/SPARK言語はセキュリティ・クリティカルなソフトウェア開発と検証コストを低減」
[日本語] [AdaCore社サイト]

~AdaCore社 Ada言語、SPARK言語、C言語対応ツールチェーン
ISO 26262ならびにIEC 61508安全規格認定を取得~
[日本語] [English] [AdaCore社サイト]

株式会社ジェイテクト、電動パワーステアリング・システム・サプライヤーが
安全性重視の自動車用ソフトウェア開発にSPARK Proを採用
~SPARKの形式手法が、安全重視の自動運転システム向け開発、検証コストを削減~
[日本語] [AdaCore社サイト]

 

技術資料

モデルレベルデバッグ手法の紹介
(制御エンジニアリングとソフトウェアエンジニアリングの架け橋)

自動運転向け安全制御ならびに監視ソフトウエアの開発に関して

Systems-to-software integrity(SSI):要求仕様をコードまで継承する手法のご紹介
(SysML要求仕様→Simulinkモデル→コード)

 

メーカー製品ページ

詳細はAdaCore社のページをご参照ください。