工場や施設のDX化をZETA(LPWA)で実現

コロナショックが世界構造を一変させてしまうだろうと言われている現在、日本の中小企業がこれからも生き残っていくには、これまで以上にIT/IoT/AIなどを活用した新しい経営が必要になってきており、具体的には今まで言われてきたQCDの向上だけではなく、新しい生産体制の構築や市場ニーズに合わせた柔軟な製品の提供、働き方改革などが求められております。

それらを実現していくために必要な取り組みとして、コロナショック以前より、経済産業省ではデジタルトランスフォーメション(DX)の推進をおこなっていて、製造業においてその基礎技術となるのが、工場へのIoTの導入です。DXの推進は、実際は大掛かりで難しい作業となりますが、弊社のZETAを活用したソリューションを使って頂くと簡単にIoTを導入することができ、スマートファクトリーを実現することができます。

ITACCESSが提案するソリューション

製造業で日々行われているカイゼン活動において、現状把握・改善点発見・効果測定のために設備データは非常に有用なデータ資源のひとつです。
設備データに基幹システム等のデータを組み合わせて活用することで全体の最適化の推進をより円滑にします。

工場内のデータを効率的かつ最適に収集・蓄積し、さらにそのコストを抑える手段として、ZETAは非常に適した企画となっております。